6/18/2011

Rinyusaiでパワーゲームテスト

K隊長のお誘いで久しぶりに朝練に行ってきやした。



朝の4時集合なのだが起きたら3時15分!



あわてて飛び起きて適当にタックルを準備して集合場所へ。



良い子のみんなはタックルは前日に準備しましょう。



何だかんだで3時45分到着(笑)



起きてから30分で現地着。



高速使ってホンキ出せば15分よぉ~



さぁ~東京湾の聖域へ到着です。



仕掛けは急いで準備してきたからテキトーです。



竿は鱗夕彩Sで道糸3号にハリス1.5号(笑)



アンバランスの基本形っつーかんじ。



っつーかこれしか持って来てませんがなぁ



ま、鱗夕彩Sでパワーゲームのテストができるからイッカ。



5時半頃満潮っつーことでまだ上げです。



ココは下げが命だからとりあえず下げが入ってくるまでジャブ程度に軽~くやりましょ。



ロープレッシャーな釣り場で流れも波も無い場合、こういう所を落としゃあバカな魚が1枚くらいは食ってくるだろっつーポイントでヒット。



Sp6180011



ベタ凪で水面下1メートル以内で食わす快感。



聖域は健在ですな。



Sp6180010



針掛かりも理想的でしゅ。



で、その15分後に同じようなポイントで同じタナでズドっと。



Sp6180012



このコは元気よく引いてくれました。



で、その後はいよいよ下げの時間だ~と期待したが、変な潮で魚が浮きません。



見える魚もほとんどいない。



まったく後が続かずにタイムオーバー。



3アタリ、2掛け、2ゲット



結論。



鱗夕彩のSじゃあ障害物周りのパワーゲームはダメポ。



獲れなくないけど遊ばれて時間が掛かります。



Sは平場で遊ぶフィネスモデルなんだなヤッパシ。



それからリールシートの位置が前すぎて落とし辛い。



Sp6180014



そのうちグリップをナツシマ仕様にしたいなぁ~



上の画像は鱗夕彩(上)とナツシマ(下)の比較。



ま、ココラヘンは好みのモンダイだけどぉ~



※釣りの途中経過や速報などはフェイスブックのほうに載せてます。



【タックル】



ロッド:鱗夕彩ヘチスペシャル S285



リール:メタロイヤル



道糸: サスペンドB.Yスペシャル 3号



ハリス:シーガーグランドマックス磯 1.5号



針:伊勢尼 6号



2 件のコメント:

  1. リール一個違うのか~。これから己色にチューニングですね。

    返信削除
  2. 中山@管理人2011/06/21 5:57:00

    リール一個はデカいよなぁ~
    ま、今シーズンは使い倒しますよヤッパシ

    返信削除