5/04/2006

久々の釣行

GW唯一の釣行。



先日、同行の渕とドコに行こうか話し合い、たまには普段行かない釣り場に行こうかということで野島防波堤に決定した。



朝5時に地元を出発。



途中魚のエサと人間のエサを買い出船1時間前の6時に村本海事に到着。



すると社長さんが朝は北東の強風と満潮が重なり危険ということで朝一番の便は見送るという。



馴れない船宿で暇を持て余す。



飯を食って仕掛けを作り出船に備える。



んで、次便の8時半に出船となった。



しかし渡堤場所は限られる。



ドック堤は手前の堤防のみしか渡れない。



しかたなく手前のドック堤に渡堤。



北東の風で波が堤防にぶっつけ雰囲気はイイ感じだ。



潮もかっ飛んでいる。しかしアタリは無い。



へチ、沖とひたすら探るがダメ。



昼前にはひたすら投げる練習に没頭していた(笑)



先日のボートで習った投げ方の練習だ。



ふと思った。ボートの投げ方って堤防で結構有効だと。



風向きに関係なく投げやすいのだ。



しかも野島のように混み合った所で投げる場合に、この投げ方だとあまり竿を振らなくていいから効率的。



周りで竿をビュンビュン振り回して投げている奴等を横目に例の投げ方で軽快に投げる。



しかしアタリは無い(笑)



だいぶ潮が引いて中廊下に渡れそうだと思ったので12時の船で移動することにした。



P5030061 朝から誰もいないドック先に渡堤。



12時から来た客1人と青灯方面から移動してきた2人とウチ等2人の計5人だけ。



期待したが結局ノーアタリで4時に納竿。



帰りにラーメンでも食って帰ろうかと思ったが渋滞で時間が遅くなってしまいラーメン食えずに帰宅。



散々な1日だったが投げる練習になったので収穫はあったかな!?



0 件のコメント:

コメントを投稿